スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放火か、世界遺産・ブガンダ王族の墓が焼失(読売新聞)

 【ヨハネスブルク=中西賢司】ロイター通信によると、東アフリカ、ウガンダの首都カンパラで16日夜、世界遺産に登録されているブガンダ王族の墓が、火災でほぼ焼失した。

 原因は不明だが、地元紙は放火の疑いを報じている。

 墓は128年前に造営され、4人の王が埋葬されていた。

 19世紀に隆盛したブガンダ王国は、ウガンダ独立4年後の1966年に廃止されたが、王位は93年に文化的指導者として復活した。その後、王族は政治的地位の回復を求めて政府と対立しており、王族支持者は、王墓焼失に政府が関与したと主張している。

<性的暴行>英会話学校経営の米国人逮捕 女児数十人被害か(毎日新聞)
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談へ(産経新聞)
<愛子さま>天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)
事故処理中の警官ら5人重軽傷=パトカーや救急車も被害-栃木(時事通信)
正面衝突で男性2人死亡=小中学生きょうだいも重体-堤防沿いの県道・名古屋(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。