スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原都知事 「菅首相、役人うまく使って」(毎日新聞)

 東京都の石原慎太郎知事は4日の定例会見で、首相に指名された菅直人民主党代表について「どういう行政をするかで評価が決まる。東京都出身のリーダーとしての見識を示してほしい。(鳩山政権とは)全然違うことをやって、役人をうまく使ってもらいたいね」と語った。【真野森作】

【写真特集】市民運動から厚相、「カイワレ」…お遍路も グラフ菅直人氏の歩み

【関連ニュース】
【関連記事】幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性
【明快にわかる図説】親小沢~非小沢 民主党内人脈図2010年バージョン
石原都知事:性的漫画販売規制の条例案…「文言修正を」
石原都知事:新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?

鳩山氏が辞任表明を「ベストスピーチ」と“自画自賛” (産経新聞)
朝鮮学校、個人崇拝を強化 総連、金総書記の訪中映像上映指示(産経新聞)
卒業式で96校、入学式で68校 国歌斉唱起立しない教職員 北海道(産経新聞)
鳩山首相辞任 辞意に驚きの声 民主党両院議員総会(毎日新聞)
ヌード写真 篠山紀信氏に罰金30万円 公然わいせつ罪(毎日新聞)
スポンサーサイト

斎場職員10人を懲戒免職=業者から「心付け」受領―大阪市(時事通信)

 大阪市は31日、市立斎場の技能職員22人が葬儀業者から「心付け」と呼ばれる現金や商品券を受け取っていたとする調査報告をまとめた。このうち最近まで金品を受け取っていた職員ら10人は懲戒免職、異動などで受領をやめた者などについては停職処分にした。10人の免職は、市の一度での免職処分数としては過去最多という。
 報告によると、金品を受け取って葬儀業者に火葬日などで便宜を図る慣行は、2002年に問題が発覚し禁止されたが、その後すぐに復活。同年から今年2月までの間、斎場職員22人が葬儀業者から受け取った心付けは計約950万円分に上る。確認された心付けは1回1000~3万8000円。 

【関連ニュース】
警官の免職処分「妥当でない」=停職に修正、勤務復帰へ
兼業事務官を停職処分=大阪高裁
副士長を懲戒免職=夜行バスで女性触る
交通規制課警部補を懲戒免職=酒気帯び運転、下着窃盗
警部補ら2人懲戒免職=暴力団周辺から借金、腕時計

090金融業者8人逮捕=無登録で109倍金利も―警視庁(時事通信)
政府が独自の北追加制裁、持ち出し10万円まで(読売新聞)
診療報酬引き上げ、民主が公約に明記へ(読売新聞)
母親殺害の娘、心神耗弱認め猶予刑…千葉地裁(読売新聞)
「チケット流出経路の把握を」=暴力団幹部の大相撲観戦で文科相(時事通信)

<EV>充電なしに1003キロ 世界最長記録ギネス申請へ(毎日新聞)

 自動車愛好家でつくる市民団体「日本EVクラブ」(東京)は23日、途中で充電せずに電気自動車で1003.184キロを走ることに成功した。無充電の走行距離の世界記録は現在、同クラブが持つ555.6キロで、ギネスブックへの登録を申請する。記録への挑戦は、茨城県下妻市のオートレース選手養成所の楕円(だえん)形コース(1周689メートル)で実施。車両はダイハツ工業の軽自動車「ミラ」を改造。三洋電機製のリチウムイオン電池8320本(360キログラム)を搭載した。同クラブは昨年11月に東京から大阪まで公道555.6キロを完走してギネスに認定されている。今回も同じ車両だが、公道ではないため加速や減速をせずに済むことから距離を伸ばした。

【関連ニュース】
【写真特集】EV参入続々 競うベンチャー
【写真特集】ギネスに挑戦!フェラーリ・フェスティバル
【写真特集】三菱のEV「アイーミーブ」
トヨタ:米テスラ・モーターズと提携 EV共同開発へ
ゴーン日産社長:13年にEV8車種…「量産で低価格に」

JR新車両から部品落下(産経新聞)
口蹄疫 重野氏「初動の遅れ、農水相に責任」(産経新聞)
<ダイヤ鑑定>独断で評価甘く修正 専門委に裁定依頼せず(毎日新聞)
牛10万頭分のワクチン到着=感染疑いは146カ所に(時事通信)
地検聴取「前回と一緒」=詳細は言及せず―小沢幹事長(時事通信)

<新・一筆啓上賞>今年のテーマは「涙」で募集開始(毎日新聞)

 日本一短い手紙の公募「新・一筆啓上賞」を主催する福井県坂井市の丸岡町文化振興事業団は13日、今年(第8回)のテーマを「涙」と発表した。句読点を含め1~40字。あて先は誰でもよい。シンガー・ソングライターの小室等さんら5人が審査し、来年1月に大賞5点(賞金10万円)などを決める。

 応募は封書か郵便局にある用紙で、〒910-0298(住所不要)丸岡町文化振興事業団 新・一筆啓上賞「涙」係へ郵送。締め切りは10月15日(当日消印有効)。問い合わせは同事業団(0776・67・5100)。

「忍たま乱太郎」など制作 アニメ制作会社を脱税で起訴(産経新聞)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】新党ラッシュ、議席いくつ?(産経新聞)
400円超、今年最大の下げ=東京株、大幅続落-株安連鎖(時事通信)
毎日動画アワード 大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
小沢氏を3回目の聴取へ 東京地検特捜部(産経新聞)

事故直前の電話…がん闘病、亡き息子の笑顔が支え JR福知山線脱線5年(産経新聞)

 写真の中の息子が、見守ってくれた。JR福知山線脱線事故で長男の満さん=当時(37)=を亡くした斎藤百合子さん=兵庫県伊丹市=は昨年末に大腸がんの手術を受けた。不安な入院生活で支えになったのは病室のベッドのそばに置いた満さんの写真だった。「天国の満が応援してくれたから、手術は成功したのでしょう」。亡き息子への思いが百合子さんの闘病生活を支えている。

 「今、JRの伊丹駅や。帰りに寄るね」。これが、最後に聞いた満さんの言葉だった。平成17年4月25日朝、満さんは勤務先の研修のため大阪に向かう途中で事故に遭った。百合子さんが夫の堅一さんと暮らす実家に立ち寄ることはなかった。

 優しく、親思いの息子だった。憔悴(しょうすい)しきった百合子さんは事故から3年が過ぎるころ、左耳がほとんど聞こえなくなった。治療を続けていた昨年末、たまたま受けた検査で大腸がんが見つかった。

 初期とはいえ、それまで大きな病気をしたことがなかっただけにショックは大きかった。「まさかがんだなんて。これからどうなるのか怖くて仕方がなかった」。すぐに入院することになり、微笑む満さんの写真をかばんに入れ病院に。夜、病室の明かりが消えると不安に襲われた。

 そんなときは枕元の満さんの写真に語りかけた。「満、まだ起きてるの」。孤独なはずの病室が、ひとりではないように思えた。

 手術室に向かう直前にも「じゃあ、行ってくるね」と話しかけ、心を落ち着かせた。手術は予定した時間をオーバーしたものの、成功。満さんが脱線事故の犠牲になったことを知っていた執刀医は「きっと、満さんが力になってくれたんでしょうね」。涙がこぼれそうになった。息子の笑顔が自分を後押ししてくれていたことを感じた。

 術後、がんはリンパ節に転移していることが分かった。百合子さんは自宅で1日3回、抗がん剤を飲み続けている。この先いつまで投薬が続くのかは分からない。でも、あらためて思う。「満は、いつでも私たちのそばにいてくれる」

 あの写真はいま、自宅の居間にある。5年前と変わらぬ笑顔で、夫婦を見守り続けている。

【関連記事】
「現場重視」へ内からの動き JR福知山線脱線事故
報告書漏洩問題で溝深まる JR福知山線脱線事故で遺族アンケート
刑事裁判、処罰よりも真相を JR福知山線脱線事故 遺族にアンケート
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年
被害者の4割にPTSD 県こころのケアセンター・加藤副センター長 JR福知山線脱線事故
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)
<インサイダー容疑>あおぞら銀行員を立件へ…東京地検(毎日新聞)
両親を傷害致死罪で起訴 1歳児虐待死事件 寝屋川(産経新聞)
皇太子さま「古代の都を理解する場に」平城宮跡で大極殿完成記念式典(産経新聞)
死亡7人全員の身元確認=札幌グループホーム火災(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。